くりっく365でFX Your SEO optimized title

とにかく話なんか聞くもんか

JAVA講座教材が届いたぞ!!


(^o^)ノ <ぐっと・も〜にんぐ えぶりばでぃ〜

先日、話してたPCBRAINのJAVA講座の教材が届いたよ。
これ、これだよ・・・
JABA教材.JPG

マジ、受講するんだから (´ー`)┌フッ
ちょっと、テキストを覗いてみた [岩蔭|]凵P)そぉ〜・・・

「JAVA通信講座の概要」
テキストが2冊あって最初に学習するのは「JAVA言語の基礎」というやつで
もう一冊は「Webアプリケーション開発」という構成のようだ。

目次の内容からすると
・クラス化の概念&基礎
・パッケージ
・オーバーロード
・コンストラクタ
・クラス変数/クラスメソッド
・継承
・オーバーライド
・抽象クラス
・インターフェース
・例外処理

ふむふむ、なるほど・・・
JAVAの仕様を学習しながらオブジェクト指向の概念についても
勉強させられるようだ。
上記の項目を学んだ後で、Webアプリの基礎応用に入るらしい・・・

CDには、JAVAの環境設定とサンプルデータが入っているようだ。

う〜ん、値段の割には、結構、まとまってるじゃん ( ̄▽ ̄)b グッ!
あとは、コツコツとやるだけかな ( ゜┌・・ ゜) ホジホジ♪

ちゃんと、覚えられるのかって?
そりゃ、昔はSEで、ブイブイ言わせてたんだよ (ノ`⌒´)ノ
Speaking Engineer と呼ばれてたんだぜ (´ー`)┌フッ
Σ( ゚∀)ゲッ!! 意味がちがう??
まぁ、まぁ、堅い事、言わない、言わない (● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

****************************************************

エアコンを消すよりテレビを消したほうが節電効果アリ?
  節電効果エアコン130W テレビ220W


エアコンVS TV.jpg

信じられない事が判明した。なんと、エアコン(冷房)を使うよりもテレビの消費電力量のほうが高い場合があるのだという。エアコンを1台止めると130Wの節電効果があるが、テレビを1台止めると220Wの節電効果があるらしい。

このデータは、野村総合研究所震災復興支援プロジェクトチームが4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』によるもの。エアコンは消費電力が大きいと思って暑くてもエアコンを止めていたが、どっちかといえばテレビを止めたほうが節電になっているのかも? 今は夏なので調査当時よりもエアコンの消費電力量が多いかもしれないが、この事実は驚きである。

この情報を報じているのは『週刊ポスト』。その公式サイトで同誌の記者は「この夏、エアコンを使わずに熱中症で亡くなる人が続出している。にもかかわらずテレビを消すという選択肢を国民に知らせないテレビ局は社会の公器といえるのか」と記事中で憤慨している。この事実に対するインターネットユーザーらの声は以下の通り。
 
・インターネットユーザーの声「アナログに続いて地デジも停波か」
「電気と時間の無駄使い」
「俺はテレビ消してパソコンつけてるよ」
「テレビ局が消費してる電気も計算に入れよう」
「テレビはさっさとネットで同時放送しろよ」
「オイルショックのときは放送を短縮したのになんで今回は垂れ流し続けたのか」
「震災以後テレビって本当に信用失っていってるな」
「どうせ韓国ばっかりなんだし皆も見なければいいんだよ」
「おれのPCは全開にしたら650Wは消費するな。電源は1200W」
「昔のプラズマとかちょっとした暖房機器だったな」
「エアコンとテレビどちらかしか使えないなら俺はエアコンを取る」
「三年前のプラズマTV使ってるけど、画面が暖房器具より熱いってどういう事だよ」
「うちの46インチ液晶は120W強ぐらいだけどプラズマは300W超えてくる」
「ネットはiPad2で済ますようにしたからかなり節電」
「エアコンを使うときはテレビを消しましょうなんてテレビ局が言うわけない」
 
エアコンのほうが大きな電力を必要とするものの、エアコンとテレビでは使用時間が違うので、長時間使用するテレビのほうが消費電力が高くなってしまうのかもしれない。

速報などの情報源としてテレビは必要なので、「完全に消す」のは難しいかもしれないが、視聴時間を短くしたり節電モードにするなどしてテレビを使用したほうがいいかも?

by ロケットニュース24


それじゃ、きょうも一日

   がんばって行きましょう!! 



とうとう、ブログランキングに登録しちゃいました。
ちょっだけなら、ポチしてもいいよ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。