くりっく365でFX Your SEO optimized title

健康 (2) - とにかく話なんか聞くもんか

食べる量をコントロールする5つの工夫


(^o^)ノ <ぐっと・も〜にんぐ えぶりばでぃ〜

食に対する人間の無意識の傾向と食べる量を
 コントロールする5つの工夫


冷蔵庫.jpg

「お腹すいたなぁ」と思って台所に立ったとき、みなさんはどのような基準で食べる物を選んでいるだろうか。とにかく好きなものを食べるという人もいれば、決して好物ではなくても健康第一に選ぶ人もいるだろうし、その時の気分や直感に従う場合もあるだろう。

しかし、このような自分自身の意識以外に、無意識のうちに食べる物の選択に影響を及ぼしているものがあるという。最新の研究で、「視覚が食べる物の決定に影響を与える」ことがわかったそうだ。

米コーネル大学のワンシンク教授は、台所にいるときに人々がどのように食べ物を選ぶのかを調査した。すると、どんな食べ物かに関わらず、人はいちばん最初に目にしたものを食べる傾向があることがわかった。最初に見たものは、5番目のものと比べると実際に食べる可能性が3倍高かったそうだ。

教授によると、「何を食べるか考えるとき、視覚は人間の判断に非常に大きな影響を与えるのです。そのため、ダイエットをするならば、野菜など健康に良いものを目につきやすいところに置き、カロリーの高い食べ物は冷蔵庫や戸棚の奥に入れておくと良いと言えます」とのこと。

教授は以前にも、人間の食に対する様々な傾向を研究している。例えば、まったく同じ食べ物ならば台所に備蓄してある数が多い時ほど人はそれをより多く食べる傾向があることが明らかとなった。また、どれだけの量が皿に盛られているかに関わらず、皿の大きさがより小さいときのほうが食べる量が少なくなることもわかっている。

これらの研究結果を踏まえて、食べる量をコントロールするためには以下のようなことが有効的だという。
 
がんばれ!! ら♪!!  
694-16.gif

【食べる量をコントロールするための工夫】
その1:常温保存の食べ物は、常に中が見えてしまう棚よりも戸がついている棚に置くようにする

その2:部屋の壁は明るすぎず、暗すぎない色にすると良い(明るすぎると脳が刺激されて早食いし、暗すぎるとスピードは遅くなるが漠然と食べ続ける傾向があるため)

その3:食事は台所から離れた場所でする(台所からの食べ物の臭いや光景によってより食欲が刺激されるため)

その4:皿やスプーンなどの食器は小さいものを使う(食べる量が減る傾向があるため)

その5:テレビやネットを見ながら食事しない
 
効果のほどは人それぞれだろうが、ちょっとした工夫で無意識のうちに食べる量を減らすことができるかもしれないので、ダイエット中の方は試してみてはいかがだろうか。

by ロケットニュース24
 


それじゃ、きょうも一日

   がんばって行きましょう!! 



ちょっとだけなら、ポチしてもいいよ。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
続きを読む

ガン予防!!ブロッコリー&わさび


ブロッコリーとわさびを一緒に
     食べるとガン予防になる



ブロッコリーとわさび.JPG

ブロッコリーにわさびやホースラディッシュを加えて食べると、ブロッコリーの抗がん作用が上がるらしい。イリノイ大学のジェナ・クレーマー氏ら研究者が学術誌『British Journal of Nutrition』に発表した。

ブロッコリーには、「グルコラファニン」と呼ばれる化学物質が豊富に含まれている。グルコラファニンは、同じくブロッコリーに含まれている酵素「ミロシナーゼ」により分解され、「スルフォラファン」へと変化する。このスルフォラファンには、がん細胞を殺す力がある。

しかし、加熱し過ぎたブロッコリーではミロシナーゼが壊れ、スルフォラファンが作られなくなり、抗がん作用が落ちてしまう。ところが、わさびなどのスパイスをブロッコリーに追加すると、この抗がん作用が蘇るらしいのだ。

実験に使われたのはサプリメントとしても売られるブロッコリーパウダー。グルコラファニンは含まれているが、ミロシナーゼは含まれていない。被験者は、ブロッコリーパウダーと一緒にブロッコリーの芽を食べた後、血中の生理活性成分(ここでは「抗がん作用のある成分」を指す)を調べた。

すると、被験者の血液中にある生理活性成分は、食後の30分で血中に表れ、3時間後にはもっとも高くなった。研究者の話によると、これはブロッコリーの芽に含まれるミロシナーゼが、ブロッコリーパウダーのグルコラファニンを分解し、スルフォラファンが回腸(小腸の一部)で吸収されるからなのだそうだ。大腸での吸収と比べて回腸での吸収は素早く、吸収率も高いため、食後30分で血中に生理活性が表れたようだ。

この結果が示すのは、加熱し過ぎてしまったブロッコリーでも、ミロシナーゼを含む食品と一緒に食べれば、ブロッコリーの抗がん作用が保たれるということだ。わらびやホースラディッシュの他、大根、キャベツ、ルッコラ、クレソン、芽キャベツなどにもミロシナーゼが含まれている。

「週に3〜5回ほどブロッコリーを食べれば、がんの予防になる」と研究者らは言う。

抗がん作用の他、スルフォラファンにはピロリ菌抑制、そして肝臓での解毒酵素生成を促進する働きもある。さらに、ブロッコリーに含まれている他の成分には抗ウィルス・抗菌作用もあるらしい。

トマトやキュウリなどと比べてしまうと影が薄い野菜ではあるが、ブロッコリーはたくさんのスーパーパワーを秘めている。人も野菜も、見かけで判断してはならないのだ。

by ロケットニュース24



それじゃ、きょうも一日

   がんばって行きましょう!! 



ちょっとだけなら、ポチしてもいいよ。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
福島第1、作業員たちは今

牛乳にダイエット効果があると判明


(^o^)ノ <ぐっと・も〜にんぐ えぶりばでぃ〜

昨晩から、台風の影響で、風が強くなってます。
雨は、小雨なんだけどね。
みなさんお気をつけ下さい。

****************************************************

きょうのお題は、

牛乳にダイエット効果があると判明

牛乳.jpg

イスラエルの研究者の発表によると、牛乳をよく飲む人は飲まない人に比べて、体重が減る傾向にあることが判明した。研究者は40〜65歳の男女約300人を2年間追跡調査した結果、体重の減り方に明らかな差があったと説明している。はたしてその効果はいかなるものなのか?

この研究は、アメリカの『臨床栄養ジャーナル』の最新号に掲載されたもの。研究者は太りすぎと指摘されている40〜65歳の男女322人を、2年間にわたって追跡調査し、体重と食生活の関係を分析した。その結果、毎日コップ2杯以上の牛乳を飲んでいる人は平均して5.4キロ体重が減少していた。また、コップに半分の量を飲む人でも、約3.2キロの減量が見られたそうだ。
この結果について栄養学者のダグラス・ハズバンド博士は、「牛乳には空腹感をやわらげる効果がある。おなかのすいた時に1杯の牛乳を飲むことにより、食べすぎを抑制できる。また、間食を控えるのにも役立つだろう」と説明し、「ソーダなど、砂糖を多く含む清涼飲料を遠ざけるのにも役立つ」と付け加えた。このほかにも、牛乳に含まれるタンパク質がエネルギーレベルを向上し、積極的な行動をうながすとも指摘している。
ちなみに9月27日付けの東京新聞インターネット版によれば、健康科学大学学長の折茂学長をはじめとする研究会が、「牛乳はメタボリック症候群に効果がある」との研究結果を発表している。牛乳を多く摂取している人は、摂取しない人に比べてメタボ有病率が低いことが判明したのだ。

この研究が正しければ、牛乳にダイエットに効果があると考えて良さそうだ。ダイエットに挑戦中の人は、運動や食事制限と合わせて牛乳を飲んでみてはいかがだろうか。

by ロケットニュース24


ら♪ よ、神のお告げじゃ!! 飲め〜!!  アリガタヤ m(._.)m アリガタヤ

艦長オススメの牛乳は、これ!
森永牛乳.jpg
結構、濃厚で、まろやかで美味しいです。
ガムシロップを入れて飲んでます。 ウーッO(≧▽≦)O ウマイ♪プハッー♪


それじゃ、きょうも一日

   がんばって行きましょう!! 



とうとう、ブログランキングに登録しちゃいました。
ちょっとだけなら、ポチしてもいいよ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへblogram投票ボタン
おまけ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。