くりっく365でFX Your SEO optimized title

健康 (3) - とにかく話なんか聞くもんか

お酒の多大なカロリーについて


(^o^)ノ <ぐっと・も〜にんぐ えぶりばでぃ〜

あすは、通院日だから早めに記事をUPしました。
お酒のみの人、必見だよ!!

****************************************************
 『ビール3杯は苺パフェ2杯と同じカロリー!?
   意外と知られていないお酒の多大なカロリーについて』
 


カロリー.bmp

ダイエットをしているほとんどの人が、ケーキやチョコレートなどカロリーが多いとされる甘いものは避けているだろう。しかしお酒はどうだろうか? イギリスでは3人に2人がアルコールにどのくらいのカロリーが含まれているのか知らずに飲んでいるらしく、多くの人がアルコールの多大なカロリーによってダイエットの努力を水の泡にしているらしい。

今回アルコールが持つカロリーの多さを訴えかけているのはイギリスの慈善団体「Drinkaware」で、彼らによると消費者の約半数がダイエットを試みているにも関わらず、アルコールの量を減らすつもりでいる人は全くいないとのこと。

また、彼らがイギリスの成人2000人を対象に調査を行ったところ、3人に1人が来月のカロリー摂取量を計算するよう計画していたのだが、お酒のカロリー摂取量を計算する予定なのは10人に1人しかいなかった。つまりイギリスでは、お酒のカロリーの多さについて知らない人がそれほど多いということだ。

それでは実際に、アルコールにはどれくらいのカロリーが含まれているのか見ていこう。

アルコール度数4%のラガービール1パイント(500mlの缶約1本分)=砂糖でコーティングされたドーナッツ(193キロカロリー)

アルコール度数5%のラガービール3パイント(500mlの缶約3本分)=苺パフェ2杯(727キロカロリー)

ジントニック2杯=キャラメル4粒(104キロカロリー)

ワイン1杯=チョコレートアイス(134キロカロリー)

シャンパン1杯=糖蜜タルト1切れ(95キロカロリー)


これほど多くのカロリーがお酒に含まれていることは本当に知られていないようで、約半数の人がチーズバーガーには337カロリーあることを知っていたにも関わらず、175ミリリットルのワインに134キロカロリー含まれていることを知っていた人は3分の1以下だった。
つまり今回の調査結果は、お酒のカロリーについての無知が人々の肥満をもたらしていることを示唆している。これを受けて、Drinkawareの代表者クリス・ソレク氏は「きっと彼らは、生活の違う部分では健康にいい選択をしていることでしょう。しかし、ワインボトル一本をパートナーと分け合いながら飲んでも一日の適正飲酒量を超えること、そしてそれがチーズケーキ1切れと同じカロリーを含んでいることはきっと知らないでしょう」と語った。

ダイエットの敵とも言えかねないお酒。しかしお酒には、仲間との楽しいひと時をもたらしてくれるという素晴らしい一面もある。よってこれからは、そのカロリーをしっかりと意識しながら、上手くお酒と付き合っていきたいものだ。

by ロケットニュース24



それじゃ、きょうも一日

   がんばって行きましょう!! 



とうとう、ブログランキングに登録しちゃいました。
ちょっだけなら、ポチしてもいいよ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ


免疫力UPの食材


(^o^)ノ <ぐっと・も〜にんぐ えぶりばでぃ〜

きのう、JAVA通信講座をいろいろと検索してみたけど、
結構、受講料が高いんだよね (´;ω;`)ウッ…
安けりゃ、良いってもんじゃないけど・・・
もう少し、気合入れて、探してみるか・・・

*****************************************
きょは、おできで悩んでる、艦長が免疫力UPに向けて、
努力してる姿勢をちょっとだけ、お見せしよう。

以前、こんな本を買ってたんだけど。
Image069.jpg

これに載っていた、
『ヨーグルトに寒天または、きな粉を入れろ』
善玉菌をふやすのに最も適した食べ物は、ヨーグルト。ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌がたっぷり含まれている。乳酸菌は、免疫細胞のバランスを整える。中でもビフィズス菌は、悪玉菌の活動を抑制してビタミンなど体に不可欠な栄養素を作る。
ただ、ヨーグルトには、食物繊維が不足してるので、これを寒天もしくは、きな粉を加えることで、便通を良くし、ビフィズス菌のえさになり、善玉菌の活動を活性化させる。


『バナナを焼いて食べるとオリゴ糖が増えて、
              排便力・免疫力がアップ』

要約すると、バナナには、カリウムという豊富なミネラルが含まれてる。
カリウムは、血圧を上げる元凶である体内の余分なナトリウムを排泄して高血圧の改善に効果がある。
また、マグネシウムも豊富で、血管を拡張させて血圧を安定させたり神経の興奮をしずめてストレスを防いだり、不整脈にも効果がある。
さらに、食物繊維も豊富で、血圧を下げたりコレステロール値を低下させる働きがある。
特に焼くことで、バナナに含まれるオリゴ糖が増え、腸から吸収されやすくなるので、腸内の善玉菌を増やすのに大いに役立つ。

それで、きょうのぶれっくふぁーすとに早速試しで作ってみた。
ヨーグルト+きな粉は、特段、可も無く不可も無くって感じ・・・
焼きバナナは、以外といける ( ̄▽ ̄)b グッ!
普通一本食べると、結構腹に溜まるけど、ちょうど良い感じで、特に甘く感じた。
免疫UP料理.JPG

みんなも簡単だから、作ってみては?
身体にいいんだから・・・



それじゃ、きょうも一日

   がんばって行きましょう!! 



とうとう、ブログランキングに登録しちゃいました。
ちょっだけなら、ポチしてもいいよ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ



やっぱり息抜きも必要!


(^o^)ノ <ぐっと・も〜にんぐ えぶりばでぃ〜

きょうは、毎日お勤め先で、息抜きしてるあなた、

そう、あなたですよ!!

そんな、あなたに朗報と言うか、救いの研究結果が、これだ!!

『やっぱり息抜きも必要! 
      仕事中のネット閲覧は仕事効率を上げるらしい』


仕事中.jpg

みなさん、仕事中に上司の目を盗んで、ネットでこっそり面白い動画やニュースを見たことはないだろうか? 今まで罪悪感を抱きながらそうしてきたかもしれないが、これからは仕事中のネット閲覧が推奨されていくかもしれない。

なぜなら仕事の合間にネットなどで気晴らしすると、その後の仕事の効率が上がるからだ。これを発表したのはコペンハーゲン大学の科学者たちで、彼らはある会社員たちを2つのグループに分け、次のような実験を行った。

1. 両方のグループに、人々がボールを前や後ろにパスしていくビデオを見てもらう。しかし、グループAにはビデオを見る前に、ネットの面白い動画を見てもらう。グループBは何もせずそのままビデオを見るのだが、この時、別の部屋にいるグループAの笑い声が聞こえている

2. そしてビデオを見終わった後、ボールが何回パスされていたかを思い出してもらう

すると、グループBよりグループAの方が間違いが少なかったことが分かった。つまり、数分のリラックスタイムを設けられたグループの方が、課題により集中して取り組めたということだ。

しかし、グループBはグループAの笑い声によって集中できなかったのではという批判もあり、今回の実験は確証的ではないとされている。

そんな批判を受けながらも、今回の実験を行った科学者たちは、人間はインターネットのような気をそらすものに対し自制心が弱く、もし会社の中でインターネットを自由に使うことが禁止されたら、社員たちは集中力ややる気を失い、仕事の効率は下がると結論付けた。

実際にいくつかの研究で、「企業が社員たちのために『インターネット休憩』のように彼らの好きなことができる時間を作ったら、会社の生産効率は上がる」と訴えられており、このような主張は以前からあったようだ。

そして、そういった試みはすでにアメリカの大企業「Google」でも実施済み。Googleでは「20パーセントタイム」といって、社員のクリエイティブさを維持させるため、1日の勤務時間の20パーセントを好きなことに当てられるようにしている。

Googleのように、気晴らしのための時間をきちんと設けている日本企業は、そんなに多くはないだろう。よって現時点では、休憩時間に思いっきり気分転換するというのが得策のようだ。

by ロケットニュース24

だから、安心して息抜きしてね 手(パー)


それじゃ、きょうも一日

   がんばって行きましょう!! 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。