くりっく365でFX Your SEO optimized title

健康 (5) - とにかく話なんか聞くもんか

コーヒーと紅茶が糖尿病リスクを軽減!

みなさん、(^o^)ノ < おはようー

きのうは、糖尿病の検診で案の定、

少し、悪くなってました。そりゃ、おできが出来るぐらいだから

覚悟は、してたんですけど・・・

帰宅してからは、無意識にウォーキングに出かけたりして、

気が付いたら、一時間も歩いていました。

こりゃ、マズイと思い、

くら寿しに寿しを食べに行きました。

10皿食べたところで、正気が戻りました。

くら寿しでは、5皿食べると、ゲームが出来るんですけど、

なんと、一回目の相撲ゲームで”あたり”でした。

景品は、新幹線さくらでした。

ちなみに、八百長じゃ、ないよ。

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*

糖尿の予備軍と勘違いしているあなた

そう、あなたですよ。

もう、りっぱな糖尿病患者です。

今のうちから、しっかり、食事コントロールしましょうね。

きょう、ご紹介する記事は、糖尿病予備軍(正確には、Drが予備軍と認めた人)

の人には、お試しの価値があるかも・・・


コーヒー.jpg


コーヒーと紅茶が糖尿病リスクを軽減!                           
                           豪・シドニー大学が研究発表!

オーストラリア、シドニー大学のRachel Huxley博士はレギュラーコーヒー、カフェインなしコーヒー、紅茶が2型糖尿病リスクを18%〜36%減少させる効果があると明らかにした。『Sydney Morning Herald 』などが複数の海外メディアが14日、報道した。
Rachel Huxley博士は45万7千922人が調査対象になった18件の研究論文を総合分析した結果、レギュラーコーヒー、カフェインなしコーヒー、紅茶を1日3〜4杯飲む人は糖尿病発病率がそれぞれ平均25%、36%、18%、低いことが明らかになったと述べた。さらに、レギュラーコーヒー1杯の場合、平均7%ずつ糖尿病リスクが低くなると分析した。(カフェインなしコーヒーと紅茶はデータが不十分なため1杯ごとの糖尿病のリスク減少率を抽出することはできなかった。)

カフェインなしコーヒーが糖尿病リスクの減少率が最も高い理由として、Rachel Huxley博士は「カフェインだけでない他の成分がこのような効果を持っているのだろう」とは話した。また同博士は「コーヒーにはカフェインの他にマグネシウム、リグナン(植物に入っているエストロゲン類似成分)、クロロゲン酸が入っていてこれらの成分はすべて抗酸化物質で血糖コントロールとインスリン分泌に有利な影響を及ぼすと考えられる」と明らかにした。

もしこの結果が臨床実験を通じて確認され、糖尿病リスクを減少させる成分の正体が明らかになれば、新しい糖尿病予防や治療法などが可能になるとRachel Huxley博士は付け加えた。

この研究結果は米国医学専門紙「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン」(Archives of Internal Medicine)の最新号(12/14-28日付)で発表された。



by ロケットニュース24
吉田君のその後・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。